3Dconnexion ログイン

3DConnnexion

Maya

Mayaを使って創造性を高めよう!

マウスとキーボード間を行ったり来たりすることなく一つの滑らかな動きで宙返り/軌道/ドリーができることを想像してみてください。従来のマウスで選択、クリエート、エディットをしながら、3Dconnexionの3Dマウスでカメラをコントロールしたり、シーンの中をナビゲートすることができます。アニメーションやシーンの中に飛び込み、Mayaを最大限に活用しましょう!

なぜMayaユーザーは3Dconnexionの3Dマウスを使うのか

  1. 生産性が20%以上向上!
    *1: 片手だけで作業をした場合、モデルをナビゲートするかコマンドを選択するかのどちらかしかできません。3Dマウスを使えば、両方を同時に操作でき、貴重な時間をセーブすることができます。
  2. 快適さが向上!
    *2:作業の量を両手に分配することによって、クリック数を50%程減らすことができます。
  3. デザイン・パフォーマンス
    *1: スケッチにせよ、複雑な3Dモデルにせよ、この優れたナビゲーション性能は、コストに直結するデザイン上のミスを避けるために極めて重要な、モデルチェックに役立つでしょう。

    ソース*1: 3Dマウスの経済的回収に関する白書(2008年7月)
    ソース*2: 3Dコンピューターユーザーの不快感と苦痛の減少 - VSI リスクマネジメントと人間工学 ©2005

パワフルなナビゲーション

マウスだけで仕事をすると常にナビゲーションと編集を切り替える必要があります。3Dconnexionの3Dマウスなら、パン、ズーム、回転を同時に操作可能です。ナビゲーションが非常に直感的に行えるので、仕事に集中することができます。

ツールと機能をワンタッチ操作

Mayaのすべての機能、ツール、ホット・ボックス、またはマーキング・メニューを3Dマウスの Intelligent Function Keyにマッピングでき、手をいちいちキーボードに移動させたり、メニュー・アイテムの選択に従来のマウスを使う必要がなくなります。

マルチ・ウィンドウでマルチ・タスク

自分のデザインを透視図ウィンドウの中でナビゲートしてチェックする一方、正投影図の中で編集するように、2つ以上のウィンドウを必要とするとき、3Dマウスを使えば、よりコントロールがしやすくなります。

どの角度からでもアニメートが可能

どの角度からも綺麗に見える完璧なショットを製作するには多くの時間がかかります。 3Dconnexionの3Dマウスを使えば、マウスで編集しながら、どの角度からでもチェックすることができます。3Dマウスで全体像を瞬時に把握しながら、マウスで調整することができます。

シーンに入り込む

3Dconnexionのアプリケーションによって、「カメラとシーンを動かす」、「回転中心を設定する」、「オート・キー・アニメーションを実行する」など、機能と機能の間を簡単にシフトすることができます。例えば、新たなカメラを作り出したり、3Dconnexionパネル上の「オート・キー・アニメーションを実行する」を選択してアニメーションを作り、シーンやオブジェクトを動かすことができます。ボタン1つでアニメーションを再生することも可能です。