3Dconnexion ログイン

3DConnnexion

Solid Edge

Solid Edgeを使いこなす!

今日の製品設計は、より複雑になり、納期も短くなってきています。そこで、Solid Edgeの機能を最大限に活用して、生産性を向上させましょう。片手で3Dマウスを使って3Dモデルを操作し、同時にもう片方の手で従来のマウスを使ってモデルを編集したり、メニューのアイテムを選択したりできます。

両手を使うことによって、マウスのクリック数が格段に少なくなり、より効率的に作業を行うことができます。

なぜSolid Edgeのユーザは3Dconnexionの3Dマウスを使うのか

  1. 生産性が20%以上向上!
    *1:  片手だけで作業をした場合、モデルを操作するかコマンドを選択するかのどちらかしかできません。3Dマウスを使えば、両方を同時に操作でき、貴重な時間をセーブすることができます。
  2. 快適さが向上!
    *2: モデリング作業などを両手に分配することによって、クリック数を50%程減らすことができます。
  3. デザイン・パフォーマンス
    *1: スケッチにせよ、複雑な3Dモデルにせよ、この優れたナビゲーション性能は、コストに直結する設計上のミスを避けるために極めて重要な、モデル監査に役立つでしょう。

    ソース*1: 3Dマウスの経済的回収に関する白書(2008年7月)
    ソース*2: 3Dコンピューターユーザーの不快感と苦痛の減少 - VSI リスクマネジメントと人間工学 ©2005

アプリケーションへのアクセスがより簡単に

Intelligent Function Key*はSolid Edgeのすべての機能・マクロにすばやくアクセスすることができます。SpacePilotやSpacePilot Pro LCDの機能表示で、個々のアプリケーション環境から別の環境へと移動する際に、ファンクションが自動的に切り替わるのをご覧下さい。スケッチ、部品モデリング、アセンブリ、図面、などいかなる環境でも、すばやく簡単にファンクション・キーをカスタマイズできます。

スケッチ・モード

3Dマウスで効率的にスケッチ平面を最適に位置づけ、スケッチを複数のポジションからチェックしながらマウスを使ってスケッチしたり、2Dスケッチを編集できます。カーブ、ライン、スマート・ディメンション、ミラーなどの関連あるコマンドを Intelligent Function Keyを使って操作できます。

部品モデリング・モード

マウスでフィーチャーを作成している間に、3Dマウスでモデルを様々な角度から見ることがきます。Keyboard ModifiersとIntelligent Function Keyを使ってシフト、コントロール、オルト、エスケープ、すべてをフィット、トップ/フロント/左/右ビュー、突起、面取り、丸み、その他の機能にアクセスできます。

アセンブリ・モード

簡単にアセンブリを組み立てることができます。出来上がったアセンブリを最適な角度に位置決めしながら、部品を挿入します。既存の部品も直感的に動かすことができます。3DマウスとSolid Edgeのアセンブリ機能を使うと、部品の取り付け面を選べるので、最適な視角を得ることができます。アセンブリ、部品を動かす、ミラー、コントロール、エスケープや他の多くの機能に、手をキーボードに動かしたり、従来のマウスでメニューを選択することなく、ダイレクトにアクセスできるようになります。

図面モード

図面のビューや、サイズ、注釈を作成したり、設置しながら、図面全体を操作することができます。フィット、スマート・ディメンション、詳細ビュー、センターライン、その他の図面モード機能にすばやくアクセスできます。

パワー機能

従来のマウスの中ボタンを押しながら、3Dマウスのコントローラ・キャップで「カーソルをズーム」コマンドを操作できます。どの面または頂点を選んでも、回転中心を設定でき、どの線またはエッジを選んでも、回転軸を設定できます。