3Dconnexion ログイン

3DConnnexion

CATIA

CATIAの操作をスピードアップしませんか

3Dconnexionの3Dマウスを使ってCATIA V5の性能をアップ!マウスでスケッチまたは編集をしている間に、移動、拡大縮小、回転を同時に滑らかな動きで操作できます。従来のマウスだけでは得られないパワフルな操作性を体感してください。構想から完成に至るまで、さらに設計から市場に送り出すまでのリードタイムを驚くほど短縮できます。航空・宇宙や自動車業界の何千人ものユーザーがなぜCATIA V5を3Dマウスと一緒に利用しているかが分かります。

コンセプトからスケッチ、部品、組み立て、そして図面に至るまで、個々の作業をより速く完了することができ、3Dマウスによる二刀流のすばらしさを実感していただけます!

なぜCATIAユーザは3Dconnexionの3Dマウスを使うのか

  1. 生産性が20%以上向上!
    *1: 片手だけで作業をした場合、モデルを操作するかコマンドを選択するかのどちらかしかできません。3Dマウスを使えば、両方を同時に操作でき、貴重な時間をセーブすることができます。
  2. 快適さが向上!
    *2: モデリング作業などを両手に分配することによって、クリック数を50%程減らすことができます。
  3. デザイン・パフォーマンス
    *1: スケッチにせよ、複雑な3Dモデルにせよ、この優れたナビゲーション性能は、コストに直結する設計上のミスを避けるために極めて重要な、モデル監査に役立つでしょう。

    ソース*1: 3Dマウスの経済的回収に関する白書(2008年7月)
    ソース*2: 3Dコンピューターユーザーの不快感と苦痛の減少 - VSI リスクマネジメントと人間工学 ©2005

アプリケーションへのアクセスがより簡単に

Intelligent Function Key*はCATIAの機能にすばやくアクセスすることができます。すべての機能・マクロにすばやくアクセスすることができます。SpacePilotやSpacePilot Pro LCDの機能表示で、個々のアプリケーション環境から別の環境へと移動する際に、ファンクションが自動的に切り替わるのをご覧下さい。スケッチ、部品モデル、アセンブリ、図面など、いかなる環境でもすばやく容易にファンクション・キーをカスタマイズできます。

スケッチ・モード

従来のマウスを使ってスケッチし、同時に3Dマウスを別の手で使ってスケッチ平面を最適に位置づけすることができます。スケッチをいくつかの角度からチェックし、「通常ビュー」、「隠す/見せる」、「見える角度をスワップ」、「ワークベンチを出る」、などのコマンドをIntelligent Function Keyで使うことができます。3Dのロック/ローテーションボタンでローテンションのトグル・キーをオン オフすることができます。

部品モデリング・モード

マウスでアイテムのサイズを調整しながら、3Dマウスでモデルをあらゆる角度から見ることがきます。3Dマウスで部品を位置づけながら部品をドラッグ・アンド・コピー、またはドラッグ・アンド・ムーブすることができます。Keyboard ModifierとIntelligent Function Keyを使ってシフト、コントロール、オルト、エスケープ、すべてをフィット、トップ/前/左/右ビュー、面取り、平縁、穴、その他の機能にアクセスできます。

アセンブリ・モード

3Dマウスを使ったアセンブリ組み立ては簡単です。部品を挿入、または取り外しながら出来上がったアセンブリを操作できます。CATIAのスナップ機能を使うと、部品の取り付け面を選択するのに最適な視野角を3Dマウスで見つけ出すことができます。

図面モード

図面の確認や、サイズ、注釈を作成する間に図面全体を操作することができます。「すべてをフィットさせる」、「新しいビュー」、「サイズ」、「バルーン」、「幾何学的公差」、その他の図面モード機能にすばやくアクセスできます。

裏ワザでパワーを発揮

パワー・キーを押すことにより「カーソルへズーム」を起動できます。さらに、速く正確なズームのためにはナビゲーション・キャップを使います。フライ・モードでは、3Dマウスを使って、方向、スピード、加速をフルにコントロールしてモデルを操作することができます。