3DConnnexion

PTC Creo

PTC Creoがパワーアップ!

Pro/Engineerと3Dマウスを一緒に使うと、最高の品質の最も正確なデジタル・モデルをすばやく作成できます。片手で3Dマウスを使ってモデルを位置づけ、もう片方の手で従来のマウスを使って選択、クリエート、エディット操作を同時にでき、バランスの良い共同作業が行われます。

両手を使うことによって、クリック数が格段に少なく、より多くの仕事を達成することができます。

コンセプトから、スケッチ、部品、組み立て、図面に至るまで、各々仕事がより速やかに進み、今まで3Dマウスなしでどうやって仕事をして来たのかと、疑問に感じられることでしょう!

なぜPTC Creoのユーザーは3Dconnexionの3Dマウスを頼りにするのか

  1. 生産性を20%以上上昇!
    *1: 片手だけで仕事をした場合、モデルをナビゲートするかコマンドを選択するかのどちらかしかできません。3Dマウスを使えば、両方を同時に操作でき、貴重な時間をセーブすることができます。
  2. 快適さが向上!
    *2: 仕事の量を両手に分配することによって、クリック数を50%程減らす事ができます。
  3. デザイン・パフォーマンス
    *1: スケッチにせよ、複雑な3Dモデルにせよ、この優れたナビゲーション性能は、コストにも繋がる設計上のミスを避けるために極めて重要なモデル探査を向上させるでしょう。

    ソース*1: 3Dマウスの経済的回収に関する白書(2008年7月)
    ソース*2: 3Dコンピューターユーザーの不快感と苦痛の減少 - VSI リスクマネジメントと人間工学 ©2005

アプリケーションへのアクセスがより簡単に

Intelligent Funtion Key*はCreoのすべてのPro/Eマップ・キーにすばやくアクセスすることができます。どうぞ、SpacePilotやSpacePilor Pro LCDのビジュアルなフィードバックが得て、 一つのアプリケーション環境から別の環境へと移動する際に、ファンクションが自動的にアップデートされるのをご覧下さい。スケッチ、部品モデル、組み立て、図面などと、どの様な環境でもすばやく容易にファンクション・キーをカスタマイズできます。

スケッチ・モード

従来のマウスを使ってスケッチし、同時に3Dマウスでワーク・プレーンを最適に位置づけ、スケッチをいくつかの角度からチェックできます。スケッチ方向、継続/停止などのコマンドにIntelligent Function Keyを1回クリックするだけでアクセスできます。

部品モデリング・モード

従来のマウスでモデルの「ドラッグ・ハンドル」を調整して、突き出し、丸み、面取り、平縁、その他の部分のサイズを作成している間に、同時に3Dマウスを使ってモデルを様々な角度から見ることができます。

アセンブリー・モード

Intelligent Function Keyを押して「一まとめにされた部品をドラッグする」機能をスタートすることができます。また、サイズや注釈をデバイス・ボタンにマッピングすることによってそれらの機能を追加することができます。3Dマウスはあなたがどのワーク・モードにいるのかを検知して、あたなのワーク・フローを整備するために自動的に新しいコマンドを提供します。

図面モード

図面領域上の最適な場所で図面を見るポジションを簡単に操作できます。図面を見るポジションを替えるのにマウスを使い、同時に 図面表面全体を3Dマウスで動かすことができます。図面モードですばやくアクセスするためにサイズや特殊なシンボルをIntelligent Function Keyにマッピングすることができます。

プレヴュー・モードが加速化

マウスを使って選択し、それから3Dマウスを使ってアイテムのプレヴューをパン、ズーム、ローテートすることができます。「ファイルをオープン」、「部品を挿入」、「取り付けを挿入」、「図面シンボル・オブジェクト・パレット」、「カスタム図面シンボル」などのすべてのプレビュー用のアクションを加速化できます。

* Intelligent Function KeyとKeyboard Modifier KeyはSpaceExplorer、SpacePilot、SpacePilot PROのみでご使用いたたでます。

Pro/ENGINEER

詳細についてはPro/ENGINEERの公式ウェブサイトをご覧ください。 Pro/Eのウェブサイトへ移動

対応ソフトウェア

ご使用のソフトウェアが3Dconnexionの3Dマウスに対応するかご確認下さい 詳細はこちら